低たんぱく食品通販は腎臓病の患者さんにとって救世主です

ページの先頭へ
トップページ > 一度失われてしまった腎臓の機能は、慢性腎

一度失われてしまった腎臓の機能は、慢性腎不

一度失われてしまった腎臓の機能は、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。進行の回避には早期治療の開始が望まれ、近年の医療技術がそれを実現し、病態の回復までとはいかずとも、遅延も見込めます。末期の腎不全であっても回復の望みをすっかりあきらめる必要はなく、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものにはそれぞれに応じた治療法も加わり、患者自身のQOL(生活の質)に合った最新の治療が期待できます。理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。

60kg前後を標準体重とすると、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。食品に含まれている蛋白の量についてはよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。

これらのご飯療法については、栄養士からのご飯指導でいろいろと工夫してやっていけます。

開業医さんの中にはご飯指導が難しい場合もあるので、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、専門的な意見をもらってもよいでしょう。

慢性腎臓病といわれるものには先天的なものに起因する腎炎であったり、あるいは感染などが原因で先天的なものに起因しないものまでさまざまですが、会社や個人などで定期的に健康診断を受診し、普段からマイペースなリズムで生活することによって健康な人と同じように生活することが可能です。

けれども、ある腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、生の野菜や果物とくらべて含まれているカリウムが、エラーなく多量です。

そのために、腎機能障害のある患者さんが、常日頃から野菜ジュースを好んで摂っていると、高カリウム血症を発症する危険が高まります。

食塩制限は腎臓の負担を軽くします。一日に6g未満が、食塩摂取量としては適切とされています。加工された食品や塩分の多い食品はさけて、生の食品選びを心がけましょう。料理には天然のだしで味付けしてみましょう。

薄味でもおいしく食べることができます。

食べ物の中にはたんぱく質が多く含まれる食品、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。

たんぱく質を含んだこれらの食品の他に、たんぱく質制限が必要な方にむけた「低たんぱく食品」が一般に販売されています。

具体的な使い方については、管理栄養士に相談して下さい。一般に腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっているのです。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を造り体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質の調整を行ったり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧をコントロール(スポーツなどではひたすら練習することで身につくはずです)したり、赤血球を生成したり、私立ちの体内でたいへん重要な機能を成しています。

言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し相応しい治療をうけることも先決ですが、日々のご飯や生活の習慣を見直すことが不可欠です。腎臓機能が低下し腎臓病に関しては日常に支障をきたさないものもあるため、常日頃の健康管理が大事です。普通の暮らしの中で普段とちがう尿が出た場合は、ただちに病院で診察をうけましょう。

CKD治療の柱は薬物治療とご飯療法になり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。そのためのご飯療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、減塩食は高血圧において治療をしやすくし、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。

CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、いわゆる蛋白制限食は不味い、栄養が足りないなどという意見で、実行に移せない方がたくさんいます。日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、また献立の工夫や、それぞれに相応しい食塩の減らし方などを教えます。

低たんぱくご飯療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。

それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明確にします。

日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。

24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。

ソラマメの形状に類似した我々の腎臓はどの辺りにあるかというと、ちょうど腰辺りの左右に一個ずつです。

腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管があまた密集している場所でもあります。

腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる血中のいらなくなったものを尿と一緒に排泄します。体内にある電解質といわれるものの濃度を一定に保ったり、さらに、赤血球を作るホルモンや血圧のバランスを整えたり、骨の代謝に関連したホルモンを形成するなど我々の体にとって大事な働きをしているのです。

腎臓病が悪化してくると腎不全へと推移します。

病状が急速に悪化する急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけて腎臓の働きがゆっくりと悪くなる慢性腎不全があります。急性腎不全では、適切な治療を行って病状に至る原因を取り除くことができれば、本来の腎機能を取り戻す可能性があります。

ただ、慢性腎不全に至っては病状の進み具合によってゆっくりと腎機能が失われ、回復することはありません。

Copyright (c) 2014 低たんぱく食品通販は腎臓病の患者さんにとって救世主です All rights reserved.