低たんぱく食品通販は腎臓病の患者さんにとって救世主です

ページの先頭へ
トップページ > 腎臓病については、腎機能の修復が難し

腎臓病については、腎機能の修復が難しい

腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、大抵は体内のカリウムを排泄する働きが低下していき、カリウムの摂取と排泄のバランスを保つ為に排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。

市販の野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮したものなので、生のままの野菜や果物と比較すると多量のカリウムが含まれています。

その影響で、腎機能が低下している患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合には高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。

健康な腎臓機能でなくなると、回復することがない場合が多く慢性腎不全といわれる病態になります。

進行の回避には早期治療の開始が望まれ、近年の医療技術がそれを実現し、未然に腎臓の機能低下を防いだり、遅らせたりすることが可能です。

末期の腎不全であっても回復の望みをすっかりあきらめる必要はなく、昨今では透析療法や移植にとどまらずさらに治療法の選択肢が増えているため、患者自身のQOL(生活の質)に合った治療を見つけることが可能です。CKD治療の柱は薬物治療と食事療法になり、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。

そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、減塩食は高血圧において治療をしやすくし、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。

CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が似つかわしいとされていますが、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、蛋白制限食は美味しくない、カロリー摂取が満たされないなどで、なかなか実践に踏み切れない方も多く存在します。

推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。

仮に標準体重を約60kgとすれば、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。

それぞれの食品に含まれる蛋白量を確認したければよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。

蛋白量に関する食事療法については、栄養士の指導で多様な工夫についてしることができるのです。

開業医さんの中には食事指導が難しい場合もあるので、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、専門的意見を頂くこともよいと思います。腎臓という臓器はソラマメに似た形状をしており腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。

腎臓は糸球体という小さな血管があまた密集している場所でもあります。この腎臓の主な働きはというと、たんぱく質(生物の重要な構成物質の一つで、生物に固有の物質なんだとか)の代謝によって生じた血液中の老廃物や毒素といったものを尿と一緒に体外へ排出します。

その他にも、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保ったり、または、赤血球を作るホルモンや血圧のバランスをキープしたり、骨の成長段階に必要なホルモンを造り出すなどの必要不可欠な働きをしています。

1日に何をどれくらい食べたらよいかや、メニューに関するアイデアや、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。

低たんぱく食事療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質(生物の重要な構成物質の一つで、生物に固有の物質なんだとか)や食塩を摂取しているかをチェックします。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。

尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、たんぱく質(生物の重要な構成物質の一つで、生物に固有の物質なんだとか)や食塩の摂取量を分析できるのです。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっているのです。

尿を創る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し働きとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。

腎臓の治療は持ちろん病院にきて相応の対処も必要ですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大事です。

腎臓病の種類には遺伝因子からくる腎炎から、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、定期的に健康診断をうけ早期に発見し、日常的に規則正しい生活を続けることにより気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。ただし、腎臓病のうち慢性腎臓病が徐々に進展してくると次は腎不全といわれる状態になります。

腎不全には、腎臓の機能低下が著しい急性腎不全と、長い期間を経てじわじわと肝臓を悪くする慢性腎不全があります。急性腎不全の場合は、病状に似つかわしい治療と腎機能の悪化に伴う要因を払拭できれば、腎機能の回復が見込めます。

後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行と供に回復の見込みが薄くなり、徐々に腎臓の機能が失われます。腎臓の負担を軽くするためには、食塩制限が必要です。

食塩摂取量は1日6g未満が適切とされています。

一般で目にする加工品や塩分多めの食品よりも、生の食品を選びましょう。

煮物や汁物などは、天然のだしを聴かせましょう。慣れてくると、薄味でもおいしく食べることができるのです。たんぱく質(生物の重要な構成物質の一つで、生物に固有の物質なんだとか)が多く含まれる食品に、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質(生物の重要な構成物質の一つで、生物に固有の物質なんだとか)制限が必要な方には、これらのたんぱく質(生物の重要な構成物質の一つで、生物に固有の物質なんだとか)含有食品以外に市販やインターネット通販の「低タンパク質食品」も選択できるのです。目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談してちょうだい。

腎臓病の種類によっては進行に気づかず自覚症状が出ないものもあるため、予防がなかなか難しいのも現実です。

例えば、いつ持とはちがう尿が出た場合は、まずは医療機関での受診を優先しましょう。

Copyright (c) 2014 低たんぱく食品通販は腎臓病の患者さんにとって救世主です All rights reserved.