低たんぱく食品通販は腎臓病の患者さんにとって救世主です

ページの先頭へ
トップページ > ソラマメの形状に類似した我々の腎臓は左右に一個ずつ、腰の辺

ソラマメの形状に類似した我々の腎臓は左右に一個

ソラマメの形状に類似した我々の腎臓は左右に一個ずつ、腰の辺りに存在します。

さて、この腎臓には糸球体というごく小さな血管が数多く集まっています。

腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる不要なもの、いわゆる血中の老廃物や毒素を尿の中に排出します。体内にある電解質といわれるものの濃度を一定に保ったり、また、赤血球を創り出すホルモンや血圧なども調整し、骨の代謝に関連したホルモンを形成するなど重要な役割を担っています。腎臓病治療は当然病院で薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切ですが、日々のご飯や生活の習慣を見直すことが不可欠です。腎臓の病気には遺伝的要因からくる腎炎であったり、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、定期的に健康診断を受け早期に発見し、万が一罹患した際にも治療と症状を悪化指せない生活を心がけることで気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。

ですが、腎臓病が徐々に進展してくるといわゆる腎不全と言われる病態に移ります。

その腎不全には、急性に属する急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけて徐々に腎機能が悪化する慢性腎不全があります。急性腎不全においては、的確な治療と病状に至る原因を取り除くことができれば、腎機能の回復が見込めます。

慢性腎不全については、その特質により回復の見込みが薄くなり、徐々に腎臓の機能が失われます。

毎日のご飯についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、具体的な献立の工夫や、それぞれに似つかわしい食塩の減らし方などを教えます。

低たんぱくご飯療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。

それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。

一日における排泄物を検査し計算をします。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。

食塩の制限は、腎臓の負担を軽減することに繋がります。適切な食塩摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。

加工品や塩分多めの食品よりも、生の食品選びを心がけましょう。

料理には天然のだしで味付けしてみましょう。

天然の味をおいしく食べることができます。

たんぱく質が多くふくまれる食品に、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。

たんぱく質を含んだこれらの食品の他に、たんぱく質制限が必要な方にむけた「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。

管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみて下さい。

慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。

濃縮加工した野菜ジュースは、加工していない生の野菜や果物よりもカリウム含有量は極めて高いものが多いです。沿ういった理由もふくめて、もし腎機能が健康でない患者さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、さらに高カリウム血症の症状が顕れる惧れがあります。。

理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。標準体重を約60kgと仮定すると、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。

たとえば、食品にふくまれる蛋白の量をしりたいときは食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。

ご飯療法については、栄養士に教えて貰いながらいろいろな工夫についてしることができます。開業医さんの中にはご飯指導が難しい場合もあるので、腎臓内科のある近隣の病院を紹介して貰い、専門的意見を頂くこともよいと思います。

CKD治療の主なものは薬物治療とご飯療法で、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢におこなうことが大切です。

ご飯療法は減塩・蛋白制限が主となり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。

CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、蛋白制限食は普段のご飯よりも味気ない、カロリー摂取が満たされないなどで、実施困難な方を多く見受けます。腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、完治することは非常にまれで多くは慢性腎不全に推移します。

近年の医療技術によって、それらの治療の困難さが軽減され立ため、腎臓の機能の低下を防いだり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。

治療法も多様化してき立ため、末期腎不全で腎機能の回復が難しい状態にあっても、腎代替療法といわれる透析療法や移植などのほか多種多彩な治療法も増えているので、各々の条件に適した治療を見つけることが可能です。

腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。尿を創る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質の安定を維持したり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の調整を行ったり、赤血球を創り出したり、私立ちの体内でたいへん重要な機能を成しています。

腎臓病の中には症状が顕れなかったり自覚症状が出ないものもあるため、現実的にはこれといった対策が難しいところがあります。場合によっては尿に病気のサインが出るので、すぐに医師へ相談しましょう。

Copyright (c) 2014 低たんぱく食品通販は腎臓病の患者さんにとって救世主です All rights reserved.