低たんぱく食品通販は腎臓病の患者さんにとって救世主です

ページの先頭へ
トップページ > 多くの慢性腎臓病といわれるものには先

多くの慢性腎臓病といわれるものには先天的なものに起

多くの慢性腎臓病といわれるものには先天的なものに起因する腎炎であったり、感染などで後天的に起こるものまでさまざまですが、定期的に健康診断をうけ早期に発見し、病気と無縁の生活状態を意識(失ってしまうと、時に生命の危険があります)する事で心身共に活力溢れた毎日を過ごすことができます。

ですが、腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、カリウム摂取を減らす必要があります。

野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、生の野菜や生の果物と違ってそのものにふくまれたカリウムの量が圧倒的に多いです。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。

近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。

腎臓は尿を造る臓器で背中に二つあって体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、電解質の安定を維持したり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の調整を行ったり、赤血球を造り出したり、たいへん重要なはたらきを私たちの体の中で行っていますね。腎臓病の中には症状が顕れなかったり日常に支障をきたさないものもあるため、予防がなかなか難しいのも現実です。

尿に違和感があった際には、医師の診断を仰ぎ自己判断を避けましょう。腎臓はソラマメに似た形をした臓器でどの辺りにあるかというと、ちょうど腰辺りの左右に一個ずつです。

糸球体という小さな血管がありますが、腎臓にはこれがたくさん集まっている場所です。腎臓におけるメインのはたらきは、たんぱく質の代謝によって発生した血液中の老廃物や毒素を尿中に排泄します。体内の電解質の濃度を常に変わらずキープしたり、または、赤血球を作るホルモンや血圧のバランスをキープしたり、骨の成長段階に必要なホルモンを造り出すなどの重要な役割を担っていますね。腎臓の機能は一度失われると、健康体へもどることが難しく悪化すれば慢性腎不全になります。進行の回避には早期治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)の開始が望まれ、近年の医療技術がそれを実現し、病態の回復までとはいかずとも、悪化を食い止めることも不可能ではありません。

もし、末期の腎不全になったとしても、これまでの透析療法や移植とは別に多種さまざまな治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)法も増えているので、患者自身のQOL(生活の質)に合った最新の治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)が期待できます。

もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。仮に標準体重を約60kgとすれば、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。食品にふくまれている蛋白の量については食品標準成分表で確認できます。蛋白量に関する食事療法については、栄養士の指導で自分なりのアイデアを取り入れる事も可能です。開業医さんで食事指導をうけられないときは、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。腎臓病治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)は当然病院で相応しい治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)をうけることも先決ですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大事です。

一般に腎臓病が進行して腎臓のはたらきが弱くなるといわゆる腎不全と言われる病態に移ります。

病状が急速に悪化する急性腎不全と、長期間にわたり徐々に腎機能が悪化する慢性腎不全があります。

急性腎不全では、適切な治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を行って病状に至る原因を取り除くことができれば、腎臓の機能回復が期待できます。

反対に、慢性腎不全については腎不全の進行状況によって回復の見込みが薄くなり、徐々に腎臓の機能が失われます。

食塩制限は腎臓の負担を軽くします。

一日に6g未満が、食塩摂取量としては適切とされていますね。

加工品や塩分多めの食品よりも、生の食品を選びましょう。

料理には天然のだしで味付けしてみましょう。天然の味をおいしく食べることができます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多くふくまれます。たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に市販やインターネット通販の「低タンパク質食品」も選択できます。

具体的な使い方については、管理栄養士に相談してください。CKDの治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)には薬物治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)と食事療法がメインとなり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。食事療法は減塩・蛋白制限が主となり、高血圧治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を容易にするには減塩食がふさわしく、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されていますね。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますねが、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、カロリーが取れないなどで、実施に及ばない方も多々見かけます。日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、どのようにして献立を考えたらよいか、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。

低たんぱく食事療法においては、治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)用特殊食品の使用がメインとなりますから、治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。

実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明瞭にします。

一日における排泄物を検査し計算をします。

1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量を見ることで、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。

Copyright (c) 2014 低たんぱく食品通販は腎臓病の患者さんにとって救世主です All rights reserved.